着物を着物買取業者に売り払った時の事

母も夫も亡くなり、一人暮らしとなって自分の終活を考えだしました。日常生活で、まず邪魔になったのは母の着物と私の着物でした。毎年、防虫剤を入れ替えるだけの手間をかけ、絶対に袖を通すことのない着物でしたから。インターネットで着物買取業者を探しました。インターネットの口コミ評価はそれほど、差があるものではありませんでした。もしも、トラブルがあってはこまりますので、実在店舗のある着物買取業者をえらび、電話で着物買取を依頼しました。指定日に我が家へ来た着物買取業者は、娘が成人式の時に来た着た着物は、これは、きれいですね」と別包みをしましたが、査定額は千円にも届きませんでした。後、別包みになったのは色大島です。一度も袖を通したこともなく箪笥の中で、着物の色が変色し始めていました。業者さんが「箪笥焼けですね。よくある事ですよ」との事でした。扱う対商品は、絹物の着物と帯のみでした。襦袢や小物は対象外でしたし、ウールも対象外でした。喪服は、紋が付いているから価値が低いとの事でした。一まとめにされた和服は、40Lのゴミ袋2杯分ほどありましたが、全体で千円以下でした。これらの和服はパッチワークに使われるのだそうです。値段は安かったですが、今後の管理をしなくてよくなったし、さらに着物を入れていた箪笥も処分をして、部屋が広くなり、大きな重荷を下ろした気分となりました。